ローレル日田カントリークラブ ローレル日田カントリークラブ top webcamera 天気情報 お問合せ
観光案内


おすすめ スポット

九州の『小京都』と呼ばれる水郷・日田。情緒豊かな風物詩に彩られた自然の里。
かつて江戸と長崎を結ぶ要衝の地で九州の天領と諸大名を監視する日田代官が置かれた。
蔵屋敷や瓦塀、土蔵造りの町家など昔ながらの街並みが残る豆田町一帯は、天領時代の隆盛ぶりを伝える。
隈町の華やかな湯の街の風情も魅力
豆田町は丸山城の城下町として生まれ、今も当時の町割、地割、町道、用水路などがそのまま残っています。広瀬久兵衛をはじめ、丸屋、鍋屋、升屋など、古い造りに伝統がしみこんだ日田商家が軒を連ねています。また、広瀬淡窓が興した私塾・咸宜園跡や慈眼山公園の古刹・永興寺など落ち着いた風情を漂わせています。
日田祇園は、約500年前に夏の厄除け行事として始まったと伝えられています。平成8年には国に重要無形民族文化財に指定されました。
神輿の御神幸にお供する山鉾は、8つの町内の人たちによる手作りで、歌舞伎から題材を取った場面9基が作られており、日田祇園山鉾会館に隈・竹田地区の山鉾が一年中展示されていますので見ることが出来ます。
山鉾の高さは最大級の平成山鉾の11m~6mで重さも5t~3tあります。

三隈川沿いに続く日田の温泉街は四季折々の景観が楽しめ、旅の疲れを癒してくれます。 三隈川からの風を感じながらの散策が心地いい亀山公園